0120-901-831

営業時間:9:00〜18:00 お電話でのお問い合わせ:9:00〜22:00

【買取作家】池大雅 (いけの たいが)のびのびと大らかな画風の南画の大成者

    ◼️池大雅 (いけの たいが)

    池 大雅(いけの たいが) 享保8年5月4日(1723年6月6日) – 安永5年4月13日(1776年5月30日)は、日本の江戸時代の文人画家 (南画家)、書家。幼名は又次郎(またじろう)など。諱は勤(きん)、無名(ありな)、字は公敏(こうびん)、貨成(かせい)。日常生活には池野秋平(いけの しゅうへい)の通称を名乗った。雅号は数多く名乗り、大雅堂(たいがどう)、待賈堂(たいかどう)、三岳道者(さんがくどうしゃ)、霞樵(かしょう)などが知られている。

    1723(享保8)年、京都の町人の子として生まれ、その才能は早熟で、7歳のときに万福寺で書を披露し絶賛されている。柳沢淇園と出会い、絵を学ぶ。20代の模索の時代には、指頭画などにも挑戦。やがて、旅行や登山が好きだった大雅は、自らの足で歩き実際に見た景色を数多く描き真景図、中国絵画の模倣に終わらない、のびのびと大らかな画風を確立し定評を得ていく。20代半ばには、淇園の仲介により、13歳の木村蒹葭堂が大雅に入門した。明和8年に与謝蕪村と描いた《十便十宜図》は、日本近世の文人画の双璧による記念碑的合作である。安永5年没。

    妻の玉瀾(ぎょくらん)も画家として知られる。

    やっぱり天才だった、「特別展 池大雅-天衣無縫の旅の画家- 」

    ◼️池大雅の作品紹介


    ●池大雅画「二行書」

    古美術丸尾は現代作家の作品、道具類、古美術品・骨董品の高価買付けおよび、無料査定を行なっています。
    お蔵の整理などもご協力させていただきます。お気軽に御相談くださいませ。

    電話で無料相談【9時-22時 夜間可】