0120-901-831

営業時間:9:00〜18:00 お電話でのお問い合わせ:9:00〜22:00

【買取作家】宇田荻邨 (うだ てきそん)四条派の伝統を受継いだ優美な構図

    宇田荻邨の白菜の絵

    ◼️宇田荻邨 (うだ てきそん)

    宇田荻邨 1896(明治29)年、現在の松阪市に生まれ。
    伊勢の画家・中村左洲に絵の手ほどきを受け、写生、運筆、模写にはげみ、1913(大正2)年画家になることを決意して、京都の菊池芳文の門に入り 、翌年には京都市立絵画専門学校別科に入学しました。1919(大正8)年、第一回帝国美術院展覧会(帝展)に《夜の一力》が入選した荻邨は、第七回帝展では《淀の水車》で帝国美術院賞を受賞。以後も帝展、新文展、日展などを舞台に活躍して、近代日本画の歴史に輝かしい業績を残し、1980(昭和55)年1月に逝去しました。

    ◼️宇田荻邨の作品紹介


    宇田荻邨作「冬菜」

    ◼️宇田荻邨と関連のある作家

    菊池芳文(きくちほうぶん)

    菊池契月(きくちけいげつ)

    木村斯光(きむらしこう)

    岡本神草(おかもとしんそう)

     

    古美術丸尾はこんな方にオススメです。

    古美術丸尾を荷物の処分や整理の足がかりにお使いくださいませ。
    ●1点で値段がつけれるもの。
    ●数点まとめてで買えるもの。
    ●市場価値のほとんどつかない物。
    をきちんと仕分けした上で相場価格にて買取させていただきます。

    • 倉庫や、蔵の整理をしたいけど、どこから手をつけたらいいのかわからない。
    • 引越しやリフォームで、急ぎ荷物を整理したい。
    • ご親族の方のコレクションで価値がよくわからない。
    • ご高齢になり、荷物の整理や、移動が大変。
    • 近くに知っている骨董品店がない。

    などなど。お困り事や、ご相談がございましたら、お気軽にお声がけくださいませ。

    日本全国どこでも無料出張・査定!
    ご相談だけでも構いませんので、お気軽にご連絡くださいませ。


    古美術丸尾は現代作家の作品、道具類、古美術品・骨董品の高価買付けおよび、無料査定を行なっています。
    お蔵の整理などもご協力させていただきます。お気軽に御相談くださいませ。

    電話で無料相談【9時-22時 夜間可】