0120-901-831

営業時間:9:00〜18:00 お電話でのお問い合わせ:9:00〜22:00

【買取作家】近藤悠三 (こんどう ゆうぞう) -染付を得意とした人間国宝-

    ◼️近藤悠三 (こんどう ゆうぞう)

    陶芸家。本名は近藤雄三。染付を得意とし、1977年に人間国宝に認定。
    近藤豊は長男、陶芸家・近藤濶は次男・近藤高弘は孫。

    京都市清水寺下に生まれる。

    1914年、京都市立陶磁器試験場付属伝習所轆轤科に入所。
    1917年に卒業後、助手として勤務する。
    河井寛次郎と濱田庄司らが技手として陶磁を研究しており、悠三は濱田から窯業科学などを学んだ。

    1921年に陶磁器試験場を辞め、富本憲吉に師事。素地や釉薬などの技法や制作にする精神なども大きく影響を受ける。

    1926年、24歳で中島光子と結婚。

    1928年の第9回帝展で初入選を果たし、以後13回連続で入選。

    筆遣いによって濃淡を表現し、ザクロや梅などをモチーフとして絵画的作品を多数制作。1960年以降には、呉須染付に併用して赤絵や金彩の技法を用いて、独特の作風を確立。

    ◼️近藤悠三の作品紹介

    ●近藤悠三作「白磁茶碗」

    古美術丸尾はこんな方にオススメです。

    古美術丸尾を荷物の処分や整理の足がかりにお使いくださいませ。
    ●1点で値段がつけれるもの。
    ●数点まとめてで買えるもの。
    ●市場価値のほとんどつかない物。
    をきちんと仕分けした上で相場価格にて買取させていただきます。

    • 倉庫や、蔵の整理をしたいけど、どこから手をつけたらいいのかわからない。
    • 引越しやリフォームで、急ぎ荷物を整理したい。
    • ご親族の方のコレクションで価値がよくわからない。
    • ご高齢になり、荷物の整理や、移動が大変。
    • 近くに知っている骨董品店がない。

    などなど。お困り事や、ご相談がございましたら、お気軽にお声がけくださいませ。

    日本全国どこでも無料出張・査定!
    ご相談だけでも構いませんので、お気軽にご連絡くださいませ。


    古美術丸尾は現代作家の作品、道具類、古美術品・骨董品の高価買付けおよび、無料査定を行なっています。
    お蔵の整理などもご協力させていただきます。お気軽に御相談くださいませ。

    電話で無料相談【9時-22時 夜間可】