0120-901-831

営業時間:9:00〜18:00 お電話でのお問い合わせ:9:00〜22:00

【買取作家】利茶土ミルグリム(リチャードミルグリム) -日本人よりも日本人らしいアメリカ人陶芸家-

    ◼️利茶土ミルグリム(リチャードミルグリム)

    アメリカ人でありながら、「日本人よりも日本人らしい」と称されている京都在住の陶芸家・利茶土(リチャード)ミルグリム。1955年に米国で生まれ、1977年に初来日。大学卒業後には、岩淵重哉・12代田原陶兵衛・藤原雄らに師事し。裏千家の鵬雲斎大宗匠(ほううんさいだいそうしょう)との出会いによって、茶陶の道へと深く進むことになる。

    京都の利茶土窯では日本の土を使用した作陶をし、アメリカの今古窯ではアメリカの土で作陶に挑んでいる。桃山茶陶に傾倒して志野、織部、黄瀬戸、瀬戸黒、黒織部、朝鮮唐津、黒唐津などを発表し、伝統を踏まえた上で新しいスタイルを追求した作品が多い。

    ◼️利茶土ミルグリム略歴

    1955(昭和30)年・・利茶土ミルグリムは米国に生まれました。
    1977(昭和52)年・・初来日して日本全国の窯元を巡りました。
    1979(昭和54)年・・アンティアック大学を卒業後、再度来日しました。岩淵重哉に師事しました。
    1982(昭和57)年・・12代田原陶兵衛、藤原雄に師事しました。
    1983(昭和58)年・・加藤光右衛門に師事しました。
    1985(昭和60)年・・京都府日吉町に築窯する。裏千家15代鵬雲斎宗室より「利茶土窯」の窯名を授かりました。
    1992(平成4)年・・淡交ビエンナーレ茶道美術公募展で奨励賞を受賞しました。
    1993(平成5)年・・新工房が完成しました。
    1995(平成7)年・・鵬雲斎宗室より斑釉に「白変釉」の名を授かりました。
    1998(平成10)年・・淡交ビエンナーレで優秀賞を受賞しました。
    2004(平成16)年・・コンコードの窯に鵬雲斎玄室より「今古窯」の窯名を授かりました。

    ◼️利茶土ミルグリムの作品紹介

    ●利茶土ミルグリム作「SHINO ORIBE CHAWAN

    ●利茶土ミルグリム作「MADARA-YU FURIDASHI

    ●利茶土ミルグリム作「MINO GARATSU HANAIRE

    ●利茶土ミルグリム作「AKA ORIBE BAJOHAI

     

    古美術丸尾はこんな方にオススメです。

    古美術丸尾を荷物の処分や整理の足がかりにお使いくださいませ。
    ●1点で値段がつけれるもの。
    ●数点まとめてで買えるもの。
    ●市場価値のほとんどつかない物。
    をきちんと仕分けした上で相場価格にて買取させていただきます。

    • 倉庫や、蔵の整理をしたいけど、どこから手をつけたらいいのかわからない。
    • 引越しやリフォームで、急ぎ荷物を整理したい。
    • ご親族の方のコレクションで価値がよくわからない。
    • ご高齢になり、荷物の整理や、移動が大変。
    • 近くに知っている骨董品店がない。

    などなど。お困り事や、ご相談がございましたら、お気軽にお声がけくださいませ。

    日本全国どこでも無料出張・査定!
    ご相談だけでも構いませんので、お気軽にご連絡くださいませ。


    古美術丸尾は現代作家の作品、道具類、古美術品・骨董品の高価買付けおよび、無料査定を行なっています。
    お蔵の整理などもご協力させていただきます。お気軽に御相談くださいませ。

    電話で無料相談【9時-22時 夜間可】