0120-901-831

営業時間:9:00〜18:00 お電話でのお問い合わせ:9:00〜22:00

楽焼とは?-困った時にパッと見れる【骨董品用語一覧】

楽焼(らくやき)とは、天正初期,京都の長次郎が創始した軟陶。轆轤を用いず手作りで成形した陶器。広義には同様の手法を用いて作製した陶磁器全体を指す。

楽焼の名は、2代 常慶が豊臣秀吉から「楽」字の印を与えられ,3代 道入からこれを高台 内に押印したのに始る。道入時代から焼成火度が高まりに光沢が現れ,器形や施釉法にも変化が目立つようになった。道入以前を「古楽」と呼ぶこともある。

骨董品用語一覧はこちら

 

古美術丸尾は現代作家の作品、道具類、古美術品・骨董品の高価買付けおよび、無料査定を行なっています。
お蔵の整理などもご協力させていただきます。お気軽に御相談くださいませ。

お問合わせ用フリーダイヤル

お問合わせフォーム

電話で無料相談【9時-22時 夜間可】