0120-901-831

営業時間:9:00〜18:00 お電話でのお問い合わせ:9:00〜22:00

【買取作家】鹿子木孟郎 (かのこぎ たけしろう) 堅実な写実主義

    ◼️鹿子木 孟郎(かのこぎ たけしろう)

    鹿子木 孟郎(かのこぎ たけしろう、1874年(明治7年)11月9日 – 1941年(昭和16年)4月3日)は、岡山県出身の洋画家。肖像画を得意とした。元関西美術院長、レジオン・ドヌール勲章受章。号は不倒。

    鹿子木は明治7年(1874)岡山県生まれ。松原三五郎の天彩学舎に学んだ後、東京に出て小山正太郎の不同舎に入った。その後、三度にわたるヨーロッパ留学を重ね、いずれもフランス最後の歴史画家といわれた老巨匠ジャン=ポール・ローランスに就いてアカデミックな写実技法と画面構成を身につけました。

    鹿子木は洋画家では珍しく不倒を号している。昭和9年頃から余技として日本画を描いたという。昭和16年(1941)67歳で歿。

     

    ◼️鹿子木孟郎の作品紹介


    ●鹿子木孟郎作「虎図

    古美術丸尾はこんな方にオススメです。

    古美術丸尾を荷物の処分や整理の足がかりにお使いくださいませ。
    ●1点で値段がつけれるもの。
    ●数点まとめてで買えるもの。
    ●市場価値のほとんどつかない物。
    をきちんと仕分けした上で相場価格にて買取させていただきます。

    • 倉庫や、蔵の整理をしたいけど、どこから手をつけたらいいのかわからない。
    • 引越しやリフォームで、急ぎ荷物を整理したい。
    • ご親族の方のコレクションで価値がよくわからない。
    • ご高齢になり、荷物の整理や、移動が大変。
    • 近くに知っている骨董品店がない。

    などなど。お困り事や、ご相談がございましたら、お気軽にお声がけくださいませ。

    日本全国どこでも無料出張・査定!
    ご相談だけでも構いませんので、お気軽にご連絡くださいませ。


    古美術丸尾は現代作家の作品、道具類、古美術品・骨董品の高価買付けおよび、無料査定を行なっています。
    お蔵の整理などもご協力させていただきます。お気軽に御相談くださいませ。

    電話で無料相談【9時-22時 夜間可】