0120-901-831

営業時間:9:00〜18:00 お電話でのお問い合わせ:9:00〜22:00

買取品目

古美術丸尾の骨董品買取は査定・出張費無料で全国対応いたします。

古美術丸尾では、1点1000円の物から数十万〜数百万の物まで、多種のジャンルに渡り、商品を買取させていただきます。

幅広い知識を元に、査定・御見積もりさせていただきますので、すべてまとめて〇〇円という方法の査定はいたしません。できる限り1点1点にお値段をつけさせていただきます。

「汚くて見てもらうのは申し訳ないな・・・」
「さすがにこのガラクタは売れないだろうな〜。」

その判断は間違いかもしれません。ぜひ、処分される前に一度、お気軽にご相談くださいませ。

古美術丸尾の買取実績はこちらからご覧くださいませ。

買取品目一覧

古道具・ガラクタ類
古い家や土蔵を解体する前に出る古い道具類や骨董品、一見ガラクタに見える物

買取品目骨董品骨董品
古い陶磁器、大皿(皿鉢)、壺、着物、根付、鉄瓶、細工物

茶道具
茶碗・風炉釜・水指・香合など茶道具一式

掛軸、日本画、西洋画掛軸・日本画・西洋画
掛軸・古書・日本画・西洋画・仏画・中国美術・巻物・色紙・短冊など

工芸品・作家作品・贈答品
作家の工芸品はもちろん、桐箱に入った花瓶や壺などの陶芸作家や金工・蒔絵・木工・ガラスなどの作品

京人形人形・おもちゃ
京人形・からくり人形・鉄道・フィギュア・超合金ブリキなど古い玩具など

ご自宅に伺い、その場で査定・現金買取。

全国どこへでも、出張費・査定費無料でお伺い致します。
出張買取は、スタッフが、お客様のご希望の日時にご自宅までお伺いし、その場で査定・買取させていただきます。お忙しい方、買取希望のお品物が多い方でも、ご自宅でお待ち頂くだけでOK。倉庫や押し入れ、土蔵に入ったままでも、埃だらけ、汚れていても全く問題ありません。

買取実績の一例


兵庫県西宮市のお客様よりご実家(京都市左京区)の骨董品、古道具などを買取させていただきました。
買取エピソードはこちらから


京都市右京区のお客様から鉄瓶・竹籠・煎茶道具などの骨董品を買取させていただきました。
買取エピソードはこちらから


京都市東山区のお客様からお茶道具、漆器、古道具などの買取させていただきました。
買取エピソードはこちらから


兵庫県神戸市のお客様よりご実家(京都市西京区)の骨董品整理をさせて頂きました。
買取エピソードはこちらから


滋賀県大津市のお客様より空き家整理に伴い古道具類を買取させて頂きました。
買取エピソードはこちらから


京都市右京区のお客様から掛け軸や刀剣、香炉などを買取させていただきました。
買取エピソードはこちらから

買取商品一例

【 鉄瓶 】


京都府京都市  50代女性
髙木治郎兵衛作 阿弥陀堂鉄瓶
【参考買取価格】10万円

【 茶道具 】


京都府京都市  60代女性
奥村吉兵衛作 渦巻腰風炉先
(十五代裏千家家元鵬雲斎好)
【参考買取価格】28万円

【 骨董品 】

 

大阪府堺市  50代男性
青貝細工柳人物平卓
【参考買取価格】8万円


 

古美術丸尾では、古道具などの1点1000円のお品から、上記の様な高額買取商品まで、1点1点丁寧に査定し買取させていただきます。「これはどうかな??」と思ったら、お電話でのご相談だけでも構いませんので、一度ご相談くださいませ。

買取出張エリア

各都道府県の出張買取エリアのご紹介

東北地方

青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県

関東地方

群馬県栃木県茨城県千葉県神奈川県東京都埼玉県

中部・北陸地方

新潟県富山県石川県福井県長野県山梨県静岡県愛知県岐阜県

近畿地方

大阪府京都府兵庫県滋賀県三重県奈良県和歌山県

中国地方

鳥取県島根県岡山県広島県山口県

四国地方

徳島県香川県愛媛県高知県

九州

福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県

※北海道、沖縄県は要相談。一度、お電話かメールにてお問合わせくださいませ。

少しでも未来に古いものを残していけるように…。

私の家は祖母から始まる古美術店で私で三代目となります。
私は父の元で修行していましたが、いつも父の口癖は「お客様からお譲りしていただく時はお客様の親身になった買取をする事」「お道具には今まで家人とともに過ごした日々が詰まっている」そのお気持ちごとお譲り頂くという事。そして、その思いを大事に、新たな愛好家の方へご商売させて頂くという事、だからこの仕事は人の気持ちとより触れ合えるすばらしい仕事なんだと言われてきました。私もそう思います。

「古美術丸尾」ではお家の解体、立替、お引越しなどで骨董品、お道具類、生活不用品などの買取、ご処分をお手伝いいたしております。お道具達は次の世代に受け継げるものです。お道具というものは一番最初は誰かの手によってこの世に生まれてきて、幾多の人々の手を渡って今日まで残っています。

ここで、ゴミ、ガラクタだとおもって処分してしまえばその道具の価値はゼロになってしまいます、また、価値が無いと思っていても他の方にはとても価値のある物でもあります。

私どものお役目はお道具達を次世代に受け継ぐ橋渡しであり、少しでも多くのお道具達を残していければと思います。

三代目店主 長尾 元喜

電話で無料相談【9時-22時 夜間可】