0120-901-831

営業時間:9:00〜18:00 お電話でのお問い合わせ:9:00〜22:00

棗とは?-困った時にパッと見れる【骨董品用語一覧】

(なつめ)とは、茶道具の1つで、、抹茶を入れるのに用いる蓋物容器である。植物のナツメの実に形が似ていることから、その名が付いたとされる。

現在では、「薄茶」用の抹茶を入れる茶器が「棗」と呼び、棗は木製漆塗りで作られ、「濃茶」用の抹茶を入れるものが「茶入と呼び、陶磁器で作られます。

棗は、保存用の容器ではなく、使用する量だけを入れ、お茶会で使用します。

骨董品用語一覧はこちら

 

古美術丸尾は現代作家の作品、道具類、古美術品・骨董品の高価買付けおよび、無料査定を行なっています。
お蔵の整理などもご協力させていただきます。お気軽に御相談くださいませ。

お問合わせ用フリーダイヤル

お問合わせフォーム

電話で無料相談【9時-22時 夜間可】