0120-901-831

営業時間:9:00〜18:00 お電話でのお問い合わせ:9:00〜22:00

【買取作家】山本知克 (やまもと ともかつ)-日本画の伝統に西洋の遠近法を-

    ◼️山本知克 (やまもと ともかつ)

    山本知克は日本画家の山本倉丘の長男として、1927年に京都府京都市で生まれました。

    1947年の第3回日展で「霧の朝」が初入選して早くから頭角を現し、翌1948年に同校卒業後は堂本印象に師事します。

    ヨーロッパの町並など、風景画を得意とし、同年第5回京展で「疏水」が京都市長賞を、第3回関西展で「風景」が関西展賞を受賞し、父の山本倉丘に続いて京都画壇や関西美術界でも活躍。

    山本知克は1961年に日展会員に、1978年に日展評議員となり、日本画壇の振興に尽くします。

    京展の審査員も受任し、1979年から1992年まで金沢美術工芸大学でも教授として教鞭をとり、同年に数々の功績を称えられ京都府文化功労章を受章します。

    2003年に亡くなるまで意欲的に制作を続けられ、後進の指導に努められました。

    ●生年:昭和2(1927)年1月14日
    ●没年:平成15(2003)年2月22日
    ●出生地:京都府京都市

    ●主な受賞名
    日本美術展覧会(第9回・昭28年度)「塀に沿う道」,日本美術展覧会(第10回・昭29年度)「坂に建つ街」,京都市美術展市長賞,紺綬褒章〔昭和37年〕,京都市長表彰状,京都府文化賞功労賞(第10回)〔平成4年〕

    ◼️山本知克 の作品紹介

    ◼️山本知克作「静日」

    古美術丸尾は現代作家の作品、道具類、古美術品・骨董品の高価買付けおよび、無料査定を行なっています。
    お蔵の整理などもご協力させていただきます。お気軽に御相談くださいませ。

    電話で無料相談【9時-22時 夜間可】