0120-901-831

営業時間:9:00〜18:00 お電話でのお問い合わせ:9:00〜22:00

【買取作家】富岡鉄斎(とみおかてっさい)-日本最後の文人-

    富岡鉄斎(とみおかてっさい)

    日本最後の文人として知られる富岡鉄斎(1836~1924)。

    京都で商家の次男として生まれる。名は百錬、字は無倦、号は鉄斎のほか鉄道人・鉄崖・鉄叟など。幼少の頃から漢学・国学・儒学等、幅広い教養を身につけ、歌人太田垣蓮月尼の書生となり、その清廉な人格と文雅風韻な生活に大きな影響を受ける。画ははじめ小田海僊、浮田一蕙らに学ぶが、流派を問わず広く手本として、斬新な構図や色彩感覚で独自の画風を開いた。幕末は勤王家として国事に奔走、維新の頃より学者として知られるようになり、教員や大和石上神社・大和大鳥神社の宮司職に就いた。各種展覧会の審査員をつとめるが、学者としての立場から自らは出品しなかった。同30(1897)年、田能村直入らと日本南画協会を設立。大正6(1917)年帝室技芸員、同8(1919)年帝国美術院会員となった。晩年は画業に専念する。学者としての姿勢を貫きながら多彩な作品を手がけ、文人画の重鎮となった。

    富岡鉄斎と関連のある作家

    大田垣蓮月(おおたがきれんげつ)
    小田海僊(おだかいせん)
    浮田一蕙(うきたいっけい)
    田能村直入(たのむらちょくにゅう)

     

    古美術丸尾は現代作家の作品、道具類、古美術品・骨董品の高価買付けおよび、無料査定を行なっています。
    お蔵の整理などもご協力させていただきます。お気軽に御相談くださいませ。

    電話で無料相談【9時-22時 夜間可】